昆虫散歩道

昆虫をあれこれ撮影してあれこれ語ります

コミスジ・・・林縁を滑空しながら飛び回る三本線

身近だがマイナーなコミスジ。胴体の光沢がすごい

4月も大方過ぎ去ってGWが近づいてくる頃。ふわりとまるで滑空するように飛び回るチョウが現れる。それが今回紹介するミスジだ。

 

身近な所に生息しているチョウではあるのだが、一般的な知名度は低いチョウだ。
分類的にはタテハチョウ科のミスジチョウ属に属するチョウだが、そもそもミスジチョウというのが、昆虫に興味がない方にはほぼほぼ知られていない存在と言えよう

ミスジチョウの名前の由来は羽を広げたところを見るとわかりやすい。白い模様が三本線に見えるところから名付けられたというわけだ。


日本に生息するミスジチョウ属の仲間は、ミスジ以外は都市部近郊ではほぼ見ることがない上に、コミスジにしてもアゲハやモンシロチョウ等と比べると住宅街に出没する率が低いので、その辺りが知名度が低い要因と言えるだろうか。
それでもコミスジちょっとした雑木林や河川敷等を歩くとよく見かけるチョウなので、フィールドワークをすれば遭遇率の高いチョウだ。

 

ちなみに南西諸島に本種とそっくりなリュウキュウミスジという種類が存在するが、分布域が被っていないので、その辺りの知識があれば間違えるということはない。

 

前述の通り滑空するような独特な飛び方をするので、慣れてくれば飛び方で容易にコミスジだとわかる。
ちなみにコミスジのみならず、ミスジチョウの仲間は滑空するように飛ぶのが特徴である。

 

タテハチョウの名前の由来は羽を立てて止まるから「立て羽チョウ」というところから来ているのだが、ミスジは基本的に羽は立てずに開いて止まることが多い
他のタテハチョウの仲間は羽の裏面が枯れ葉ライクで保護色になっており、積極的に羽を立てて止まる理由があるのだが、ミスジの裏面は表面の黒を茶色にしたような感じになっているので、そこまで羽を立てて止まる必要がないのではないかと個人的には思っている。

裏面は茶色い感じになっている

参考までに同じタテハチョウ科のルリタテハの裏面。かなり枯葉っぽい

また、食性も他のタテハチョウの仲間の多くが好きな樹液や果実等よりは、花で吸蜜をする方が多いという貴婦人感溢れる一面ものぞかせるなど、タテハチョウ科でありながら、とことんタテハチョウとは一線を画そうとするチョウなのだ。

 

日の光が当たると胴体の光沢がキレイなのも中々ポイントが高い。身近な存在でもよくよく観察すると、こういった魅力を発見することが出来る点が、昆虫観察の魅力の1つと言えよう。

身近な存在でありながらあまり知られておらず、不遇な(?)チョウではあるが、その実、見た目や飛び方がおしゃれなチョウでもある。
緑が深くなってくる爽やかな季節に合わせて、コミスジと戯れるのも乙なものである。

 

【コミスジ

チョウ目タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科

成虫は4月~10月頃にかけて出現

前翅長22mm~30mm

北海道から九州にかけて分布

日当たりのいい林縁等に多く生息

食草はマメ科の各種、ハルニレ等

白い三本線が特徴のチョウ。滑空するように飛ぶ。