昆虫散歩道

昆虫をあれこれ撮影してあれこれ語ります

モンシロチョウ・・・これほど知名度の高い蝶が存在するのだろうか

f:id:ysguchirou:20211028220829j:plain

蝶界の基本中の基本。日本人なら誰もが知ってるといっても過言ではない

もはや説明するまでもない日本を代表する蝶で、この蝶とアゲハチョウは日本人で知らない人はいないと言っても過言でないのではないか。
有名な「ちょうちょ  ちょうちょ  菜の花に止まれ♪」のモデルはモンシロチョウでないかという説もあるらしい。

 

この蝶を探したいのであれば、近所の河川敷に行けば良い春から秋まで長い間見られるので、是非とも探してみよう。
といった感じで紹介していたら記事が終わってしまうので、もう少し深掘りしていくことにしよう。

f:id:ysguchirou:20211028221734j:plain

黄色が強く出た個体。それぞれ個性があるようだ

まずモンシロチョウに対して突っ込むべき点はその名前である。
紋が白い蝶という事でモンシロチョウという和名だが、モンシロチョウの紋は黒い
なので正確にはモンクロチョウもしくはモンクロシロチョウが正しいことになる。
しかしよくよく考えたら、モンクロチョウはなんか黒い蝶を想像させるし、モンクロシロチョウはなんともややこしい。モンシロチョウという和名はなんとも絶妙だと言えるのではないか。

f:id:ysguchirou:20211028222037j:plain

モンシロチョウの紋は黒い。トリビアの泉でありそうなネタである

また、キャベツを食草とすることも有名である。
英名は「キャベジバタフライ(cabbage butterfly)」といい、まさにキャベツと密接に関係していることがわかる。
余談だが昔、モンシロチョウの成虫がキャベツを食べると勘違いして、成虫にキャベツだけ与えて飼育した結果、死なせてしまったという同級生がいた。どこをどう間違えたらそう勘違いしてしまったのか。とにかく成虫はキャベツを食べないので注意していただきたい

 

無論モンシロチョウは各種の花を訪れるわけだが、「菜の花に止まれ♪」の歌詞の通り、春の菜の花畑ではよく見かける。(ちなみに菜の花は食草でもあるので、モンシロチョウは親子共々菜の花にお世話になっているということになる)
しかし、「菜の花に飽いたら桜に止まれ♪」というのは異議ありである。というのも私はモンシロチョウが桜に止まったところを見たことがない
というより、そもそも桜は蝶にそこまで人気な花ではないと感じている
もっとも桜が咲く3月終わりから4月はじめは、冬が終わったばかりでそこまで蝶が多い時期ではないので、もし昆虫がもっとも活発な夏に桜が咲いていたら、結果は違っていたかもしれない。

 

モンシロチョウは一見すると、オスもメスも白であり、パッと見区別がつかないのだが、実は蝶の目には紫外線の影響でオスは黒っぽく見えているという。
ということは、人間がもし紫外線を捉えることができたとしたら、それこそモンシロチョウはモンクロチョウになっていたかもしれない

しかし前々から疑問に思っていたが、こう言った○○にはこう見えているみたいなことはなぜわかるのか不思議である。虫の目線はその虫しか見れないので、もしかしたら全然違う見え方をしている可能性もあるような気がするのだが、真相はその虫のみぞ知るといったところだろうか。

f:id:ysguchirou:20211028221358j:plain

求愛行動。メスは交尾を拒否する時に写真のように胴体を反り上げる(どんまい)

少し脱線してしまったが、身近に存在するモンシロチョウも、改めて見てみると色々な不思議がある。それこそが昆虫の魅力であり、私が昆虫を追いかけている一因でもある。
そんな魅力に満ちた昆虫の世界に、モンシロチョウという入り口から踏み込んでみてはいかがだろうか。

 

【モンシロチョウ】

チョウ目シロチョウ科シロチョウ亜科

成虫は3月~11月頃にかけて出現

前翅長20mm~30mm

日本全国に分布

日当たりの良い草原やキャベツ畑等でよく見られる

食草はアブラナ科の各種

知らない人はいない、日本を代表する蝶だ。

スズバチ・・・僕はスズメバチなんかじゃない信じてくれよ!

 

f:id:ysguchirou:20211024225116j:plain

泥を塗り固めるように巣を作っていく

みなさんはスズメバチというとどんなイメージをお持ちだろうか?

攻撃性が高く凶暴、刺激をすると刺してきて、刺されると死に至ることもある、まさに泣く子はもっと泣く、史上最凶最悪の殺人バチ・・・といったところであろうか。
実際にスズメバチというと多くの人が刺される被害にあっており、年間で20人ほどの方が亡くなっているという、日本でトップクラスの最凶生物といっても過言ではない。
スズメバチは元々生息していなかった海外でも外来種として猛威を振るっているらしく、まさに最凶の名を欲しいままにしている
そんなスズメバチわずか1文字少ないという和名を付けられたのがスズバチである。
 
スズバチは非常に大人しいハチで、スズメバチのように巣に近づいたら威嚇して襲ってくるというようなこともない。捕まえる等よっぽどひどく刺激をしたりしない限り刺すことのないハチなので、もしスズバチに刺されたということになったのなら、「それは100%あんたが悪い」と言ってあげたい。
 
ところがスズメバチと1文字少ないだけということで、危険生物と誤解されてしまうことがあるようだ。
実際に私も子どもの頃、図鑑を見ていた友だちがスズバチをスズメバチと勘違いして危険生物扱いしていたということがあった。
 
もっと悲惨なのが、スズバチと検索するとハチ駆除業者のサイトが出てきて、スズメバチの写真や、スズメバチの巣の写真を貼って駆除しましょうと呼びかけているサイトすらある。(どのサイトかは明記しないが、あれはとんでもないミスリードで要らぬ恐怖心を煽り、自身が儲けたいだけのひどいものであると言っても過言ではない)
そうした間違った知識が生物を過剰に恐れさせ、更に自身を危険にさらすことになるということにもなりかねないで(例えばスズメバチは単独で飛んでいる時に刺すことはほとんどないが、恐怖のあまり手で払ったり、大声を出したりするとかえって刺激をしてしまうために、余計に危険である)生物の知識は正しく身に付け正しく怖がる必要があるのだ。

f:id:ysguchirou:20211024225256j:plain

スズバチの巣。一見するとハチの巣とはわからない

f:id:ysguchirou:20211024225404j:plain

キイロスズメバチの巣。スズバチの巣とは何もかもが違う
スズバチは木の枝や壁面等に巣を作るよく地面に止まっている姿を見かけるが、あれは巣の材料が土であるために、それを必死に集めているのである。
そうして集めた土を球状にして口と足をうまいこと使って巣を作っていく
そして、作った巣に幼虫のエサとなるガの幼虫等を捕ってきて、そこに卵を産んで幼虫のエサにするのだ。

f:id:ysguchirou:20211024224520j:plain

材料集めのために地面に止まっている個体をよく見る
ミツバチスズメバチのような社会性はなく、単独行動を行う
スズメバチが凶暴なのは社会性のある暮らしをしているかららしく単独行動をするスズバチが大人しいのもそうした生態が関係しているようだ。
 
壁面に巣を作るために人家に巣を作ることもしばしばあるが、何もしなければ危険はないので、わざわざ駆除する必要はない。
実際巣を作っているところを見つけて、長時間観察していたことがあるが、そんな私になど脇目もくれず夢中で巣を作っていたスズバチとはそういうハチなのである。
 
もしスズバチの巣を見つけたらそっと観察してみてほしい。必死に巣を作る愛らしい姿を見られるはずだ。
 
【スズバチ】
ハチ目ドロバチ科
成虫は7月から10月頃にかけて出現
体長20mm~30mm
本州から九州に分布
雑木林やその周辺でよく見られる。
成虫は花の蜜を主に食べる
社会性がなく単独生活を送るハチ。捕まえたりしない限りは刺さない。

ミドリヒョウモン・・・幻の蝶だと誤解してしまった少年時代

f:id:ysguchirou:20211021220744j:plain

ミドリヒョウモンのメス。写真のように緑っぽくなる個体がいる

夏の暑さもだいぶ落ち着いた頃、草原や林間の日だまりの花々を賑やかに飛び交うヒョウモンチョウがいたら、その多くはミドリヒョウモンだ。

 

大型ヒョウモンチョウの中では最も普通種とされている。しかし、私の出身地である埼玉南部のベッドタウン周辺には、ごくまれに他の蝶に混じって飛んでいるくらいしか見かけない。よって私にとってヒョウモンチョウの仲間というのは身近な蝶とは言い難い存在だ。(近年は温暖化の影響か、ツマグロヒョウモンがかなり見られるようになったが、子どもの頃はほとんど見たことがなかった)
埼玉で言うと中部や西部の山の近くまで行けば普通に見ることができる。

f:id:ysguchirou:20211021221826j:plain

オス。いかにもヒョウモンという風貌だ

ところで私は両親が群馬の山間部の出身で、いわゆる「おじいちゃんの家」がそっち方面にある。そのため子どもの頃はお盆休みになると、よく泊まりがけで連れて行ってもらったものだ。
そこにはオオムラサキカラスアゲハスミナガシ等といった自宅の周辺ではまず見られない蝶が普通に飛び交っており、まさに蝶大好き少年垂涎の環境が整っていた。
ところがそんな恵まれた環境だったにも関わらず、ヒョウモンチョウの仲間は1度も見たことがなかった。少年時代の私にとって、ヒョウモンチョウの仲間はまさに幻の蝶だったのだ。

そんなある年、たまたま法事があった関係で普段は訪れることのない10月におじいちゃんの家に行くというイベントがあった。そうしたらなんと、ヒョウモンチョウがあちこちで飛び交っているじゃあーりませんか
少年はその時、ヒョウモンチョウは幻の蝶ではなく、秋の蝶だと知ったのである。

 

実はこのからくりは、ヒョウモンチョウの仲間の多くが、初夏に羽化をした後、盛夏に夏眠をするという習性があるために起こったのだ。
ミドリヒョウモンも例に漏れず夏眠をするため、夏にはパッタリ見かけなくなっていたのだ
なので正確にはミドリヒョウモンは初夏と秋の蝶ということになる。
ちなみに夏眠明けのミドリヒョウモンは羽化してから長い時間が経っているため、羽がボロボロの歴戦の跡を覗かせる個体が多くなる。

f:id:ysguchirou:20211021222613j:plain

後羽の縁が傷んだ個体。秋はこのような個体が多くなる

ヒョウモンチョウの仲間と言えば、どれも同じような模様をしており、見分けるのが難しいことで有名である。
私もよく見る者に関しては見分けることができるが、あまり見ないような種類となると、見分けられる自信はまったくない。
ヒョウモンチョウの見分け方だけでも、下手したら3、4記事書けそうな気もするので、今回は詳しくは割愛させていただくことにする。

 

スミレ科を食草としているが、なぜかスミレの葉に直接卵を産まず、周囲の樹の幹に産卵をするらしい。
なぜそんな事をするのか、調べてもわからなかったので、謎は深まるばかりだが、「自力で食事にありつけない者は蝶失格だ」という親からの洗礼なのだろうか、いずれにしても、産まれながらにしていきなり旅を強いられるミドリヒョウモンの幼虫は、中々大変なようである。

 

ともかく他の蝶とはちょっと違う変わった生き方をしているミドリヒョウモン。
秋に山間部を訪れた際はきっと大勢でお出迎えしてくれるはずなので、追いかけてみてはいかがだろうか。

 

【ミドリヒョウモン】

チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科

成虫は6月から10月頃出現するが、低山地では盛夏に仮眠をする

前翅長31mm~40mm

北海道から九州にかけて分布

林縁の草原等でよく見られる

食草はスミレ科の各種

最も普通に見られる大型ヒョウモンチョウ

アキアカネ・・・日本の秋といえばこのトンボ

f:id:ysguchirou:20211018225611j:plain

我々になじみ深い赤とんぼの代表格だ

夕焼け小焼けのなんとやらであまりにも有名な赤とんぼ。もはや日本人であれば知らない人はいない存在だろう。
特に秋に群れている姿をよく見ることから、夕焼けとの相性が抜群であり、この曲もそうしたところから作られたのだろう。

 

実は「アカトンボ」という和名のトンボは存在しない。アカトンボというのは、文字通り赤いトンボの総称を指しているのだが、そんな赤とんぼの代表格はなんといってもアキアカネだ。

ちなみにメスは全体的に赤みが抑えられており、また、羽化してから間もない未成熟の個体も赤くないので、詳しくない方には赤とんぼに見えないこともあるかもしれない。

f:id:ysguchirou:20211018230120j:plain

メス。背中だけがちょっと赤い

文字通り秋に最盛期を迎えるトンボだが、これにはからくりがある。実はアキアカネ暑さが苦手であるために、夏の暑い時期は高山帯に避暑に向かうので、平野部では見られなくなるのである。なので、夏休みに避暑地に行かなかった方は、アキアカネを盛夏に見ることはできない。
そして夏が過ぎ、秋の訪れを感じられるようになると、一斉に山を降りて平野部に戻ってくる
しかしあの小さな体でよくもまあそんな長距離移動ができるものである。私など、近所のスーパーに行くにも最近は車を出すようになってしまったので、少しはアキアカネを見習わなければいけない。

 

もしかするとこれを聞いて、「ちょっと待てよ、、?」と思った方がいらっしゃるかもしれない。「いやいや夏に赤とんぼ見たことありますけど!?」と。
確かに夏場の平野部でも赤とんぼは存在するのだが、それはおそらくアキアカネではなくてナツアカネだ。

ナツアカネはアキアカネと違って、そこまでの大移動をすることがないトンボなので、夏場でも普通に平野部を飛んでいる
詳しくない方にはまず違いがわからないので、同じ種類のトンボが飛んでいるようにしか見えないだろう。昆虫界ではこのように、似たような別種というのがかなり多く存在しているので、頭が痛いところである。
ちなみに、色味等見分け方は色々あるが、一番わかりやすいのは胸部側面の模様だ。画像にまとめたので、詳細はそちらで確認していただきたい。

f:id:ysguchirou:20211018230253j:plain

両種の見分け方。なんとまあ微妙な違いだ

ところでいつだったか、しばらく前に赤とんぼが減っているという新聞記事を読んだことがある。「そんな馬鹿な」と思ったが、やはり実際に2000年代になってからその数は急激に減っているようだ。農薬散布や開発等が主な原因だと考えられている。毎年多くの生物が絶滅したり絶滅の危機に瀕したりしているので、アキアカネに関しても他人事とは言えないみたいである。
しかし私が暮らしている地域には、毎年元気にたくさんのアキアカネが空を飛び回っている姿を見せてくれる。
有名な歌のモデルにもなっているほどのトンボなのだから、そう易々と減ってしまうわけにもいかない。
秋の風物詩は今年も私たちの前に姿を現して、風情を感じさせてくれるのだ。

 

アキアカネ

トンボ目トンボ科

成虫は6月から11月頃出現する。7月から8月は避暑のため高山帯で過ごす

体長36mm~43mm

北海道から九州にかけて分布

水田や湿地、池沼に多く生息

小さな昆虫を捕食

赤とんぼと言ったらこの種。日本を代表するトンボだ。

ツチイナゴ・・・幼虫のかわいいお手々がお気に入り

f:id:ysguchirou:20211017235214j:plain

イナゴと呼ぶにはなんとも貫禄がある

一般的にイナゴというと、バッタよりも小振りで田んぼにいる、佃煮にするアイツをイメージする方がほとんどだろう。日本人にとって馴染み深い昆虫の1種と言ってさしつかえない。
そんなイナゴのイメージを変えてしまうのが、このツチイナゴである。

 

まず見た目だが、イナゴというよりはトノサマバッタに近い。大きさもイナゴより遥かに大きく、トノサマバッタに匹敵する大きさを誇っている。個人的にはトノサマバッタに似ているとされるクルマバッタよりも、トノサマバッタらしいような気がしないでもない。いずれにせよ、知らない人が見たらまずイナゴとは思わないだろう。
ちなみにイナゴもバッタ目で、根本的にはバッタの仲間ということになるので、トノサマバッタに似ていてもなんら不思議ではない。

 

他のバッタとの違いは、開けた草原よりも背の高い草地を好む傾向があり、そうした草に垂直にしがみついている個体が多い
また、成虫で冬を越すという、バッタにしては珍しい生態をしている。そのため他のバッタの仲間が夏の内に成虫になるのに対し、ツチイナゴは10月頃に成虫になるという晩成型だ。
そして、成虫で冬を越すということは、春にも成虫の姿を見ることができる。中々バッタの常識を覆すような生活史を持っている面白い種なのだ。

f:id:ysguchirou:20211017235328j:plain

秋になると、草等にしがみついているのをよく見かける

ちなみにツチイナゴの代名詞でもある褐色の体色は、冬眠をする際に枯れ草の保護色になるためだと言われている。自らの常識破りな生態に適した体色になるなんて、なんともまあよく考えられたものである。

 

そんな褐色でやや地味な色のツチイナゴであるが、逆に幼虫はとても鮮やかな黄緑色をしている。(黄褐色等の個体もいる)
あと、草にしがみついている時のお手々がかわいい

そんな容姿をしているためか、SNS上では幼虫の方が人気が高いような気がしなくもない。

f:id:ysguchirou:20211017235430j:plain

幼虫。成虫とまったく色が違う

f:id:ysguchirou:20211017235538j:plain

黄褐色の幼虫。お手々がかわいい

ちなみに私は、なぜかは覚えていないのだが、子どもの頃、バッタの中ではツチイナゴが特にお気に入りだった
トノサマバッタよりも珍しく、シュッとした見た目だったから惹かれていたのかもしれない。もっともツチイナゴは特段珍しいバッタではないので、会おうと思って会えるタイプのバッタではある。

 

「少し背の高い♪草地の草を掴むイナゴ♪」という事で、例のあの曲のタイトルをツチイナゴにして歌ってみるのも乙なものであろう。(我ながら何を言っているんだ)
幼虫はかわいく成虫はシュッとしている、そんな魅力が詰まったツチイナゴを探してみてはいかがだろうか。

 

【ツチイナゴ】

バッタ目イナゴ科

成虫は10月頃出現しそのまま越冬。翌年の7月頃まで見られる

体長40mm~50mm(メスの方が大きい)

本州から南西諸島に分布

背丈の高い草地に生息

様々な植物の葉を食べる

成虫で越冬する珍しいバッタで、故に春に成虫を見ることが出来る

オオハナアブ・・・すんごい目をした圧倒的存在感のアブ

f:id:ysguchirou:20211015004300j:plain

黒と黄色のコントラストが鮮やかなオオハナアブ

皆さんは、アブというとどんなイメージをお持ちだろうか?
さしずめ多いのは、ハチに似たなんか刺してくる危険な生物といったところだろうか。
そんなよろしくないイメージを(強引にイメージ付けしている感はあるが)私が払拭していきたいと思う。
今回紹介するのはオオハナアブだ。

 

他のアブの仲間に比べて、丸っこいフォルムをしているのが特徴で、なんとも存在感がある。
配色もはっきりとした黒色にオレンジに近い黄色と、メリハリのあるものになっている。
そしてなんといってもすごいのは、目の模様だ。なんともSF映画にでも出てきそうなすんごい模様をしている。
ちなみにメスは目が離れているという点ですぐ見分けが付く。

 

はじめてオオハナアブを見たとき、目の模様のすごさから、「これは絶対に珍しい種類だ!」と、心踊らせたという経験がある。
実際は色んなところで見られる、いわゆる普通種だ。(ちなみに私が子どもの頃持っていた昆虫図鑑には、オオハナアブが載っておらず、その事も本種が珍しいと誤解してしまった一因となっていた。)

f:id:ysguchirou:20211015004502j:plain

ニラの花に来たオス。すごい目の模様だ

ともあれこの存在感なので、普通種とわかっていても、見かけた時はついつい夢中になって追いかけてしまう。
見かけるポイントとしては日当たりのいい草原や林間の日だまり等々。名前の通り花を訪れるので、花で賑わっている場所が第一級ポイントだ。
幼虫は水中で暮らすため、湿原やちょっとした池等が周囲に存在していたら尚良し。
後は色んな昆虫が飛び交う中で、オオハナアブが混ざるのを待つだけだ。

ここで皆さん気になる点がおありだろう。そう、アブなんだから危険なんじゃないのか、、、?」という点だ。
心配ご無用。オオハナアブは刺さない。というより、その辺でよく見かけるアブの仲間は基本的に人間に危害を加えることはない。
実は人間を刺すアブは少数派で、山地等の自然豊かな所に行かないと見ることができない

それにも関わらずアブが一般的に恐れられているのは、ひとえに、アブが刺したらめちゃくちゃ痛いからだろう。
いとこが子どもの頃刺された所に居合わせていたことがあるが、あまりの痛さにガチ泣きしていた
さらにはフォルムがハチに似ているということもあり、アブという存在は必要以上に恐れられる存在となってしまった感がある。ちなみにオオハナアブも、クマバチマルハナバチと言ったハチに擬態しているとされている。要するにハチに似ているというのは、アブの生存戦略の1つであると言える。

 

しかし、基本的にアブは恐れる必要はない。オオハナアブ夢中で花の蜜を追い求めるかわいい存在だ。
オオハナアブの事を知った皆さんは、その愛らしさに触れて、アブという昆虫の魅力に触れてみてはいかがだろうか。

 

【オオハナアブ

ハエ目ハナアブハナアブ亜科

成虫は4月~11月頃に出現

体長11mm~16mm

北海道から沖縄にかけて分布

草原や林間、湿地等の花を訪れることが多い

幼虫は水生で、腐食物を食べる

目の模様が特徴的。メスの複眼は離れるため雌雄の見分けは容易。

ウラナミシジミ・・・かわいい、、、とにかくかわいい

f:id:ysguchirou:20211013000926j:plain

名前の由来になった裏面の模様。なかなかお洒落な模様だ

私が住んでいる埼玉南部の住宅街周辺は、基本的にはヤマトシジミが多く、見かける小さなシジミチョウは大体がヤマトシジミだが、8月終わりから9月にかけて、なんだかヤマトシジミよりも大きくて素早く飛ぶ蝶が現れる。それがウラナミシジミだ。

 

関東では基本的に秋にならないと見られないが、西の方に行くと春から秋まで長い期間見られる。なぜこのような違いがあるのかというと、ウラナミシジミが比較的暖地性の種であるために、関東以上北では冬を越せないからである。
私が持っている古い図鑑では、房総半島南部が土着の北限との記載があるが、もしかしたら近年の温暖化で、もう少し北方で越冬するものも少しはいるような気もする。

 

ここで「おかしいぞ?」と思った方がいるはずだ。
冬を越せない地域になぜ生息しているのか。その答えはウラナミシジミの生態にある。
実はウラナミシジミは、渡りをする蝶なのだ。
すなわち真相は、春から夏にかけて繁殖をして誕生した新ウラナミシジミが、遠路はるばる足を運んでいるというわけだなのだ。
なんと北海道の南部まで見られるというアグレッシブさを発揮する。あんなに小さな体でよくもそんなに移動ができるものだと関心する。

 

ここでまた疑問に思った方がいるだろう。なぜ冬を越せないのにわざわざ渡りをするのか
それはどうも、渡りをした方がより子孫を繁栄させられる可能性が高くなるかららしい。
どういうことかというと、例えば今生息しているところが気候変動等によって住めなくなってしまったとする。そうなると移動性のある種というのは、また新たに適応できる場所を探し出せるのだ。
ウスバキトンボイチモンジセセリ等もこうした戦略を取っており、案外昆虫界ではメジャーな作戦の1つなのかもしれない。

f:id:ysguchirou:20211013001046j:plain

産卵中。しかし、埼玉では冬を越せそうにないのがなんとも切ない

ところでこのウラナミシジミという蝶は一言にまとめて言うと超かわいい
シジミチョウの仲間は得てして小さくてかわいらしいのだが、このウラナミシジミは別格のかわいさだ。(このブログには大いに主観が混ざることにご留意ください)

 

まず、ウラナミシジミという名の由来になった裏羽の模様が中々おしゃれだ。
また、後羽にあるしっぽ(尾状突起と言われる)も中々チャーミングシジミチョウの仲間あるあるの、止まったときに後羽をすりすりする動きも、例に漏れずやってくれる。
このすりすりは、天敵に頭はこっちですよーとアピールするためのもので、騙された捕食者はそちら目掛けて攻撃してしまうために、後は羽だけしか残らないという算段なのだそうだ。
実際かなり捕食者を欺けるらしく、我々にかわいいところを見せるためにやってるわけではないので勘違いしないように

 

f:id:ysguchirou:20211013001746j:plain

日の光を浴びるオス。息を呑む美しさだ

そして極めつけは、羽を広げたところがめちゃくちゃキレイだというところだ。
オスは表羽が少し紫掛かった水色になるのだが、よく見ると光沢があり、光加減によってきらめきが変わるのだ。
特に日の光が当たった時の美しさは特筆もので、身近な所にこんな蝶がいるのかと大感動したものである。

 

このようにウラナミシジミは、かわいいときれいを高い水準で両立してしまうという、なんともハイブリットな蝶なのだ。
身近な所でこんな蝶が見れるという環境に感謝しなければならない。

 

【ウラナミシジミ

チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科

成虫は、定着地では4月~11月、関東では主に8月~11月頃見られる

前翅長13mm~18mm

北海道南部以南に分布するが、越冬できるのは房総半島南部以南とされている

日当たりの良い河川敷や耕作地でよく見られる

食草はマメ科各種

関東では夏の終わりごろにかけてよく見られるようになる。渡りをする蝶としても有名