昆虫散歩道

昆虫をあれこれ撮影してあれこれ語ります

甲虫

ラミーカミキリ・・・美しい水色と個性豊かにあしらう黒色の模様

ライトブルーが美しいラミーカミキリ。小型のカミキリムシだ 昆虫には当然和名というものが付けられており、各々生態なり見た目なりの特徴を表現した名前が付けられている。そして、和名には基本的に漢字が当てられているものだが、漢字がない和名を付けられ…

マメコガネ・・・海外でもブイブイいわせるジャパニーズ・ビートル

茶色い羽のマメコガネ。飛んでいるところはミツバチっぽい 参考までにコガネムシ。すごいメタリック コガネムシといったらメタリックなカラーリングでおなじみの甲虫だ。その輝かしいルックスから、金持ちという印象すら持たれているほどだ(若い世代には伝…

オオゾウムシ・・・かなり立派な体と象の鼻

これが本物のゾウムシっちゅうもんよ!Byオオゾウムシ ゾウムシと聞いて話ができる方というのは、ある程度昆虫好きだろう。興味がない方からしたら、ゾウなのかムシなのかはっきりしろと言ったところか。しかし、オオゾウムシを見ればなぜそのような名前にな…

トホシテントウ・・・こんな幼虫からこんな成虫になるとはね

星が大きいトホシテントウ。細かい毛が生えている 一般的にテントウムシは、アブラムシを食べる存在であり、ガーデニングが趣味の方や、農家の方にしてみたら、益虫という位置付けとなっている。ところが、そんなテントウムシ界の常識とはちょっと事情が変わ…

コガタルリハムシ・・・春しか活動しませんけど何か?

小さくも光沢が美しいコガタルリハムシ 長い冬が終わり、春の陽気が感じられるようになる頃、昆虫たちも暖かい気候に触発されて活発に動き始める。そんな春の代表的な昆虫は、チョウやミツバチ、テントウムシ等がお馴染みだ。そんな中、人知れず初春に活動の…

ナナホシテントウ・・・王道をいくこやつに欠点はないのか?

昆虫に興味がなくてもナナホシテントウは知っているだろう 苦手な人が多い昆虫の中でも、一般の人に広く受け入れられ、人気を博しているのがテントウムシだろう。森の小さな教会でサンバに合わせて踊り出す事でもおなじみだ(古い)そんなテントウムシの中で…

ナミテントウ・・・様々な模様が存在するまさに七変化

日本におけるTHEテントウムシ。様々な模様が存在する 私がまだ小学生だった頃、同級生に虫全般が大嫌いな女の子がいた。その子はチョウやクワガタのような一般的に人気の高い虫も軒並苦手で、ハエのようなちょっとした虫ですら思わず悲鳴を上げるレベルだっ…

コアオハナムグリ・・・厳選しなくても出る色違い

ニラの花に来たコアオハナムグリ 昆虫を探しに繰り出す時、やはり花が咲いている所は外せない。チョウやハチなど様々な昆虫が集まってくるいわば楽園だ。そんな楽園に、一見するとハチやアブっぽい黄金虫が飛んできたら、それはきっとコアオハナムグリだ。 …

カブトムシ・・・ホームセンターで買う前に自分で探してみよう

夏休みの昆虫採集といったらこれですわね もはや今更語るまでもないみんな大好き昆虫の王様。 私も例に漏れず、子どもの頃は周囲の木を駆けずり回って捕りに行ったものである。 私はいわゆる東京のベッドタウンのようなところの出身で、特段自然が豊かなとこ…